ごあいさつ

あいの郷がある、大和郡山市発志院町は、奈良県北部の平野部のちょうど真ん中になります。現在は、周りが田畑ですが、10年後ぐらいには24号線のバイパスに京奈和自動車道の高架ができあがり、風景は一変するでしょうが、交通の便が良くなると考えられます。
この立地条件を活かすためにも、ご利用者様のご家族・近隣の方々が足を運びやすいように、風通しのよく・地域に根付いた施設を作っていきたいと思っております。

理事長
越智 章夫

運営理念

特別養護老人ホーム あいの郷は利用者様の「人間性の尊重」を施設の理念にしています。

運営方針

1. 自己選択・自己決定の保証

どう過ごされるか、何を着られるか等、利用者本人による決定に至る経緯を尊重し、支援・情報提供等を可能な限り自己選択の為の援助を努力していきます。

2.利用者の活気付け

孤立化しやすい高齢者が人間らしい文化的生活を送って頂く為にイベント、気の合ったもの同士の付き合いのコーディネート等、参加者(利用者)の楽しめる時間をより多く企画していきます。

3.地域福祉活動との連携

積極的に行事を開催する事によって「地域社会」を施設に呼び込み、入所者の社会的・文化的生活をささえていこうと考えています。その為には家族会、ボランティア等の協力が必要不可欠であり、日頃からの地域との交流を大事にしていこうと考えています。